HOME 研修内容 研修実施までの流れ キャリアカウンセリング 企業情報 採用情報 お知らせ

 研修内容

活力有るひとづくり
能力開発プラン
キャリアカウンセリング゜
おすすめ
インフォメーション

  プログラム:テーマ例 
階層別 新入社員 新規採用職員 ◇前期:初期導入  ◇後期:フォローアップ
中堅社員 中堅職員 ◇研修目的に応じて個別にプログラムを作成いたします。
新任管理職
中級管理職
上級管理職
スキル別 コミュニケーションスキル ◇コミュニケーションスキルアップ  ◇アクティブリスニング(傾聴スキル) 
◇アサーティブ・コミュニケーション(基礎編) 
◇アサーティブ・コミュニケーション(応用編)
ビジネススキル ◇ビジネスマナー  ◇接遇マインド&マナー  ◇クレーム対応  
◇ビジネス文書スキルアップ  ◇ビジネス電話スキルアップ  ◇プレゼンテーション 
◇インストラクションスキル(講師養成) ◇財務・経営分析 ◇マーケティング 
◇広報・PR力強化  ◇営業・販売力  ◇企画力  ◇ロジカルシンキング  
◇問題解決  ◇創造性開発 ◇ファシリテーション  ◇5S  ◇販売管理  
◇タイムマネジメント  ◇チームビルディング
マネジメントスキル ◇リーダーシップ  ◇フォロワーシップ  ◇コーチング  ◇OJT
◇コンプライアンス  ◇リスクマネジメント
キャリア開発 ◇キャリアデザイン  ◇ライフプラン  ◇再任用・再雇用
セキュリティマネジメント ◇BCP実践(マニュアル作成・実地訓練他)  ◇電話業務のリスクマネジメント 
◇広報セキュリティ  ◇不審者対策
人事・労務、安全衛生 ◇メンタルヘルス(セルフケア)  ◇メンタルヘルス(ラインケア) 
◇ハラスメント防止  ◇ワークライフバランス   ◇考課者(評価者) 
介護知識・技術 ◇介助スキル  ◇高齢者ケア  ◇認知症ケア  ◇看取りケア  ◇感染症対策
◇介護現場のリスクマネジメント  ◇その他
その他 ◇内定者  ◇インプロビゼーション  ◇ボイストレーニング  ◇話し方 
◇司会  ◇アナウンススキル  ◇健康づくり(ストレッチ他)  
◇個人向け傾聴スキルトレーニング
特別プログラム ◇MAL(マインド&アクトラーニング)   ◇ドラマコミュニケーション  
◇ドラマソリューション
 ※その他、課題に応じてプログラムを作成いたします。お気軽にお問い合わせください。
  新入社員 新規採用職員
  前期:初期導入   後期:フォローアップ
新入社員、新規採用職員、若手中途採用社員対象

社会人の第一歩をはつらつと自信をもって踏み出せるよう、社会人としての自覚と就労意欲の醸成、ビジネス実務スキルの習得を目的とした体験学習型研修です。

主な内容
◇社会人としての意識改革
◇対人対応のコミュニケーション特性診断
◇ビジネスマナーの基本
 ・職場生活と人間関係(挨拶、言葉づかい、態度)
 ・コンプライアンスの基礎
 ・仕事の進め方(受命の仕方、ほうれんそう、タイムマネジメント)
◇ストレスマネジメント
◇コンセンサス学習
◇自己啓発のために
◇行動開発計画書作成、発表

所要時間:1日~
新入社員、新規採用職員、若手中途採用社員対象

職場での数ヶ月を振り返り、社会人・組織人としての役割や求められるビジネススキル、コミュニケーションスキルを再確認します。ある程度、職場や仕事に慣れてきたところで、それに甘んじることなく、次のステップアップを図るための研修として位置づけています。

主な内容
◇職責の基本行動の確認
◇コミュニケーションスキル ~「伝わる」話し方と傾聴~
◇ビジネスマナーのブラッシュアップ 
◇問題意識の向上  
◇グループ実習 ~問題解決とコンセンサス~

所要時間:1日~


※ご要望に応じて個人カウンセリングを別途お付けすることができます。お問い合わせください。
  コミュニケーションスキル
  コミュニケーションスキルアップ   アサーティブ・コミュニケーション(基礎編)
対人対応のあらゆる場面において、適切な表現ができること、傾聴していることが仕事における人間関係や職務遂行に大きく影響します。
本研修は対人関係の基本原理を学び、「聴く」「話す」のトレーニングを積み重ねることで着実にコミュニケーション能力の向上を目指します。

主な内容
◇対人関係の基本原理  
◇コミュニケーションとは  
◇表現の原則と効果的な自己表現  
◇コミュニケーション特性診断  
◇グループワーク

所要時間:1日~
好感度の高い、さわやかな自己表現を身につけることを目的に対人コミュニケーションスキルに磨きをかける実践研修です。「自分も相手もOK」を可能にするアサーティブ・コミュニケーションを習得していただき、さまざまな対人対応場面での、より円滑なコミュニケーションの実現を目指します。

主な内容
◇アサーティブ・コミュニケーションが求められる背景
◇アサーティブとは  
◇アサーティブ行動への心がまえ
◇アサーティブ傾向自己チェックテスト
◇アサーティブ行動演習

所要時間:1日~
  ビジネススキル
  ビジネスマナー   クレーム対応
プロとして働くことへの意識の醸成、向上を図るとともに、社会人に求められる基本的なビジネスマナーを習得します。
仕事への自信を深め、職場での実践に着実につなげることが目的です。新人、若手に限らず、経験を積んでいる社員・職員の方の振り返りにも最適です。

主な内容
◇ビジネスマナーの基本の振り返り  
◇マナー・エチケットレベル度チェック
◇来客・電話・訪問の実践演習
◇職責の基本行動の確認   
◇職場のコミュニケーション
 ~PDCA、ほうれんそう、タイムマネジメント~

所要時間:1日~
職場におけるクレームについて、「応対する人」に焦点を当てて、よりよい対応を考えます。クレームの多くは「事象」以上に「応対者の対応」に起因することを理解し、クレームの未然防止と低減を実現するための心構えとスキルを学びます。

主な内容
◇今、私たちに求められるサービスとは
◇コミュニケーション能力診断
◇傾聴実習
◇クレーム事例研究
◇クレーム解決策のロールプレイング

所要時間:1日~
  ビジネス電話スキルアップ   インストラクションスキル(講師養成)
「企業イメージに直結する」といわれる、ビジネス電話のスキルアップを目的とした研修です。電話応対には人格と教養が現われます。正しい日本語で、あらゆる状況の電話応対ができる、ビジネス電話対応力のレベルアップを目指します。

主な内容
◇正しい敬語を適切に使える能力
◇感じ良く伝える能力
◇ツールとしての電話の特徴
◇ケーススタディ
◇ロールプレイング

所要時間:1日~
教育・研修の内製化が進む中、職場内インストラクターの養成は必須です。
しかし現実には、経験や専門知識が豊富でも「人に理解してもらう」「行動してもらう」レベルに導く講師の役割を果たすことは難しいものです。本研修はインストラクター(講師)としての基本的な心構えから実践まで「実習・演習」を通して習得します。
これから担当になる方はもちろん、現在担当されている方の技術向上にも最適なプログラムです。

主な内容
◇講師としての姿勢と態度
◇インストラクションはコミュニケーション
◇インストラクション技術について
◇講義プログラムの作成
◇プログラムの作成準備
◇メソッドによる講義演習

所要時間:1日~
  マネジメントスキル
  リーダーシップ   コンプライアンス
リーダーへの期待と求められる役割を理解し、後輩・部下・上司と円滑にコミュニケーションが取れるようにスキルアップを図ります。
さらに、実習を通して目標達成・問題解決を進める過程で、チームパフォーマンスの向上と組織力の強化を目的としています。

主な内容
◇リーダーとしての意識、期待と役割
◇あなたは、どのタイプのリーダーか?
◇メンバーシップとフォロワーシップ
◇リーダーとしてのコミュニケーションスキル
◇チームの目標達成と問題解決

所要時間:1日~
コンプライアンスに関する最新の知識と情報を理解、納得したうえで、共通の価値観(企業理念とビジョン)の下に、トップ以下、働くすべての人がコンプライアンスに基づいた組織風土・文化を構築するための基礎を学びます。

主な内容
◇コンプライアンスとは何か
◇今、なぜコンプライアンスが必要なのか
◇コンプライアンスの基礎知識
◇事例で考えるコンプライアンス問題
◇グループ研究、発表、意見交換

所要時間:1日~
  キャリア開発
  キャリアデザイン   再任用・再雇用
組織で働くにあたって異動や昇進などキャリアの節目や年代の節目は必ずやってきます。
社会をとりまく環境が変化する中、どのように自分らしく、いきいきと働くかを考えます。自分の価値観や仕事に対するよりどころを認識し、今後のよりよい生き方、働き方を見出していただくことを目的としています。

主な内容
◇キャリアとは何か
◇環境変化とキャリア形成
◇自己理解を深める
◇自分のキャリア資産の棚卸
◇「キャリアアンカー」の活用による動機・価値観分析
◇キャリアプランとアクションプラン作成

所要時間:1日~
豊富な経験と知見を兼ね備えた再任用・再雇用者への期待はきわめて大きく、職場経営の重点課題の一つとなっています。
具体的には、「いかに戦力化していくか」、「組織内で現役社員といかにコミュニケートしていくか」、「よき先輩として組織にプラスの影響を与えられるか」が大切になってきます。本研修は、再任用・再雇用者が自身の役割・立場を十分に理解した上で、職業人としての誇りをもって現場で機能できるようになることを目的としています。

主な内容
◇再任用・再雇用者が活躍するために…「とりまく現状理解」
◇新たなスタートのにおける意識改革と役割の自覚
◇チームメンバーとの協働関係、相互理解を図る
◇組織内でのよきコミュニケーターとしての役割

所要時間:1日~
  セキュリティマネジメント
  電話業務のリスクマネジメント   広報セキュリティ
セキュリティマネジメントの観点から、電話業務のセキュリティ体制がもたらす損失防止とコストパフォーマンス向上につながる組織防衛について、事例を用いて研究します。

主な内容
◇セキュリティマネジメントについて
◇電話業務のセキュリティ
◇トレーニングとマネジメント
◇リスク回避と損失防止
◇コストパフォーマンス

所要時間:3時間~
リスクに強い組織づくりの実現を目的とした研修です。企業・組織の緊急時に際し、自らの使命・責任をしっかりと果たしながら、外部から受けるダメージを最小限で食い止めるための原理原則と、具体的な対応スキルを学びます。

主な内容
◇外部との対応の基本と実際の流れ
◇情報の取扱とその重要性
◇外部との連絡、連携の重要性
◇ケーススタディ
◇振りかえり

所要時間:1日~
  人事・労務、安全衛生
  メンタルヘルス(ラインケア)   ハラスメント防止(パワハラ)
職場内の心の健康問題に対する管理・監督者としての対処法を理解していただくことを目的とした研修です。
メンタルヘルスは経営にも影響を与えかねないテーマです。そこで、本研修では組織としてメンタルヘルス対策を行うことの重要性をご理解いただき、働く人の健康、生産性低下の防止、いきいきとした職場づくりを実現するヒントを学んでいただきます。

主な内容
◇メンタルヘルスの基礎知識  
◇管理、監督者の留意点  
◇経営者、管理職に必要なメンタルヘルスのスキル
◇事例検討  
◇健康職場づくりのポイント

所要時間:3時間~
管理職としての立場から、パワーハラスメントに関する基礎知識と、防止のためのアプローチを学びます。感情のコントロールの重要性、また、固定化された認知を変えることによるパワーハラスメント未然防止の効果を実感していただける研修です。

主な内容
◇パワーハラスメントの定義と行為類型  
◇パワーハラスメントが及ぼす影響  
◇関連法令
◇パワーハラスメントが起きてしまう主な原因  
◇パワーハラスメントにならないための留意点  
◇回避のアプローチ

所要時間:3時間~
  特別プログラム
  MAL(マインド&アクトラーニング)   ドラマコミュニケーション
指導型の教育プログラムではなく、受講者参加型でさまざまなグループ活動を通じて、気づきや知見、概念化を体験的に学習します。
大きな特徴はプログラムへの参加後、「この体験は自分にとってどんな意味があるのか」など、自ら『考える』絶好の機会となることです。その中から、新しい気づきを得てもらうことをねらいとし、職業人生において常に起こり得る不確実な変化に対して、意識を持ちながら行動できる人材の育成を目指します。

主な内容
◇学びへの意識化について
◇体験を通じての学びの促進と相互学習の必要性
◇学びの多様性と違いの認識
◇意識と無意識の行動
◇多様な視点と達成感
◇チームに貢献することとは
◇今回の体験を通じて、持ち帰りたいもの

所要時間:1日~
課題を通して各人の役割分担、的確なコミュニケーション、協力・協働・信頼、時間管理等、チームの一員としてどう考え、行動すべきかを学びます。そして課題達成へと導き、組織人に求められる能力の向上を目指します。課題発表は通常のプレゼンテーション形式ではなく「サイコドラマ方式」を取り入れて、全員が役割を演じる劇という形で表現します。達成感と自分たちの課題に対して気づきを与え、職務に必要な様々な能力を同時に養成します。

主な内容
◇求められる職務の意義と責任
◇タイムマネジメントの重要性
◇課題解決プロセス
◇課題発表
◇チームミーティング(振り返り)

所要時間:2日~